資産運用なら!老舗の地方銀行・十八銀行におまかせ!

 

十八銀行は長崎県の地方銀行です。地元の方にとても利用されている銀行です。

普通銀行というとお金を集めるところというイメージがありますが、この十八銀行は資産運用も手掛けています。

今回はそんな十八銀行について、ご紹介したいと思います。

十八銀行の経営理念と経営姿勢

十八銀行は、現在は民間銀行ですが、もともとは国立銀行として、1877年(明治10年)に創立された銀行なのです。

140年もの歴史を誇る銀行で、地元長崎県の地域に根差したサービスを展開してきました。十八銀行の理念を見るとそれがよく分かります。

「地域とともに」や、「お客様の為に」「心をこめて」の3つが理念になっています。

これをみれば、一目瞭然、十八銀行の姿勢がわかりますね。

お金を増やすなら十八銀行の投資信託!

「将来や老後のためにお金を少しでも貯金したい」と思って銀行に貯金をしている方が多くいらっしゃると思います。

ただ、貯金をしていても今の金利はすごく安いので、これからの時代は賢く増やしていく時代になります。

しかし、だからと言って株式投資はあまりにリスクが大きいと思っていらっしゃる方も多いでしょう。そんな方には十八銀行でも取り扱っている「投資信託」がオススメです。

投資信託はプロの投資家が私たちに変わって投資をしてくれるというもので、特に私たちに株の知識がなくても大丈夫な投資なのです。

私も昔、投資信託をしておりましたが、毎月分配型などで毎月の分配金を手に入れることができます。

また、出た分配金をさらに投資に回すことで、少しずつですが元本が増えていきます

株式投資ほど大きく儲かりませんが、リスクも少なく、地道に増やすことが出来ますので、試しにお電話でお話しだけでも聞いてみてはいかがでしょうか?

インターネットでも手軽にできる投資信託

十八銀行では、ネットを使って投資信託をすることが出来るシステムがあります。それは<18>ダイレクト「インターネット投信」です。

投資信託というと窓口で担当者と相談しながら、ファンドを選んでいくというイメージがあると思いますが、平日仕事をしている方にはなかなかそんな時間はありませんよね。

また、せっかく資金が増えてもタイミングよく売却しなければ、儲けになりません。そんなデメリットを払拭するために、十八銀行では、インターネット投信があります。

具体的に言うと、パソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも取引が出来るという画期的なシステムです。

また、毎月1000円からの積立投資信託などもあり、これはインターネットならではのファンドです。

将来の為に、少ない資金でも始められる十八銀行の投資信託はぜひ活用してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

地方銀行と言っても歴史があり、地元に密着したサービスを行っている十八銀行はとてもメリットがあります。

地方の方に限らず、誰でも利用できますので、お気軽に利用してみてください。


よくある質問はこちら

18bank.co.jp/Q&A

お問い合わせはこちら
0120-18-5639

人気記事一覧

  1. 地方銀行に比べて都会のメガバンクの方ががお得なサービスを受けられると思っている方が多…
  2. 東京といえば、海外に行く人や地元に帰る人など、人の行き来が激しい街ですね。そんな…
  3. 朝日火災は日本の損害保険会社の1つですね。保険を選ぶ際は保険会社が多くて…
  4. 十八銀行は長崎県の地方銀行です。地元の方にとても利用されている銀行です。普通銀行…
  5. セコム損保はセキュリティ業界最大手であるセコムグループの自動車保険です。…
  6. 東京海上日動は日本でも有数の大手保険会社です。さまざまな商品がありますが…
  7. 伊予銀行は、愛媛県を代表する地方銀行です。あまり全国的には知られていませんが、地元の…
PAGE TOP