IPOもお手の物!窓口とネットで対応可能な『いちよし証券』のメリット!

 

野村証券など大きな証券会社は知っていてもいちよし証券を知らない方もいらっしゃるでしょう。

国内には大きな証券会社や小さな証券会社がいっぱいありますが、

いちよし証券は中堅どころといった方がよろしいでしょうか。

関東や近畿を中心に50支店以上ありますので、そこそこの大きな証券会社と言えるでしょう。

今回は、そんないちよし証券についてご紹介いたします。

窓口だけじゃない!便利なネットサービス『いちよしダイレクト』

いちよし証券は、窓口とオンライントレードがあります。

最近では、インターネットを中心としたサービスが広く展開される中、時代のニーズに洩れず、両方とも展開しています

窓口では、きめ細かい説明や相談などが出来、初心者にも優しく丁寧に対応してくれます。

一方、オンライントレードは経験者や自分自身で管理・運営したいという方に最適です。

ちょっと中級者向きというところですね。投資をするときは、最初は窓口をオススメします。

なぜなら、資産運用のプロが一からしっかり教えてくれるからです。

相談に乗ってもらい、アドバイスをしっかり聞いたおかげで私は随分と儲けました(笑)

慣れてきたら、自分自身でいろいろ手続きが出来るオンラインもいいでしょう。

自分の力・知識を試したい方に最適です。

ご自身のスタイルによって、選んでいただきたいと思います。

いちよしダイレクトのメリット

いちよし証券のインターネットサービス、いちよしダイレクトなら全国どこからでもインターネットでアクセスできます。

口座開設はいちよし証券から取り寄せ、必要事項を記入したうえで郵送さすると、1週間ぐらいで口座開設完了の書類が送られてきます。

その書類を基に、インターネットでログインをして、入金したら、トレードを始められる仕組みになっています。

ただ、店頭窓口といちよしダイレクトは取り扱い商品が違いますので、その点はご注意ください

また、先物やオプション、特約付株券消費賃借取引と生命保険の利用はできませんので、頭の片隅に入れておいてくださいね。

いちよしダイレクトで手数料を節約しよう!

株取引をする際に気になるのって、手数料ですよね。

できれば安くしたい…ご安心ください。

いちよしダイレクトは、店頭よりも手数料が安くなっています。

実際に、いちよしダイレクトの手数料がどのくらいかというと、約定代金50万円以下で約定代金の0.7020%で、最低手数料は1620円です

ね、安いですよね?(笑)

また、50万円を超えて、70万円以下の場合、約定代金の0.5400%に810円が加算されます。

5000万円以下まで段階的に上がっていき、5000万円超で約定代金の0.540%に9万5299円が加算された金額になります。

ちょっと難しいと思ったかもしれませんが、窓口より安いのは確かです。

ちなみに、IPO取引は専用ダイヤルがありますので、そこに申し込んで取引をします。

IPOは基本的に前受金が不要ですので、当選したら電話がかかってきます。

そのあとに購入申込をすれば、IPO取引が出来ます。

IPOは上場株の値上がりが期待できる株ですので、いちよし証券でうまく利用しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あまり馴染みのないいちよし証券ですが、その内容は豊富で、とても親切ですよね。

株取引をお考えの方は、ぜひいちよし証券も検討してみてはいかがでしょうか?

人気記事一覧

  1. メガバンクであるみずほ銀行のインターネットサービス、『みずほダイレクト』インター…
  2. 大阪府に本店を置くエース証券。エース証券の創業は大正3年で初代取締役社長伊藤銀三…
  3. 格安スマホの利用者が多くなってきた時代、「そろそろ通信費を見直してみようかな」とお考えの方も少なくな…
  4. セコム損保はセキュリティ業界最大手であるセコムグループの自動車保険です。…
  5. 旅行サイトの「楽天トラベル」や通販サイトの「楽天市場」などを運営する楽天株式会社。…
  6. 国内最大手の証券会社として、名を馳せている野村證券。皆さんも名前はよくご存じですよね…
  7. 千葉県のメインバンクである千葉銀行。千葉県在住の方なら馴染みのある銀行ですよね。…
PAGE TOP