40代・50代の保険料が割安に!おとなの自動車保険に注目!

 

セゾンの自動車保険は通称おとなの自動車保険といわれる通り、40代、50代を主なターゲットにした保険です。

このターゲットは家庭での消費支出が増えてくる年齢層でもあるため、自動車の保険料を低く抑えたいと考える方がほとんどでしょう。

そういったニーズに応えつつサービスに対する評価も高いことから、今人気が高まっている保険です。

えらべる補償で納得のプラン構成を!

セゾンの自動車保険では基本補償とえらべる補償を組み合わせる形でプランを構成します。

特約などの補償を必要に応じて選択することができるため、納得のいくプランを組み立てることができます。

車両保険の補償範囲も細かく選べるようになっている点は非常に合理的です。

また保険料は走った分だけで、前年の走行距離をもとに算出する仕組みを採用しています。

年間走行距離が10,000km以下の場合は特におすすめな料金体系です。

40代、50代の保険料が割安に!

事故率を年齢別にみると、もっとも低いのが40代〜50代といわれています。

セゾンの自動車保険はこの年齢別の事故率を1歳刻みで保険料に反映させる料金体系をとっているため、40代、50代の方には特にメリットが大きい保険です。

一方で、若い年代では逆に保険料が割高になってしまう点は注意しましょう。

またえらべる補償は柔軟性の高いメリットのひとつですが、通常基本補償に含まれることの多いロードサービスがセゾンでは選択式になっているため、要否をしっかりと確認したうえで契約を行う必要があります。

別でJAFに加入している場合はロードサービスを省くなど、目的に応じた細かい設定を行うとよいでしょう。

独自の安心サポート!

セゾンでは、つながるボタンやつながるアプリといったアイテムを利用し事故受付担当に素早く連絡できるサービスや、警備会社ALSOKの隊員を派遣し事故対応のサポートを行うサービスも提供しています。

事故を起こしたドライバーの不安を緩和するこうしたサービスは契約者にとても好評です。

また若い年代で保険料が高く徐々に安くなっていくというのはどの自動車保険にも共通している傾向ですが、1歳刻みで事故率を保険料に反映させるというのはセゾンが独自に開発した仕組みです。

また過失割合0:100の、いわゆるもらい事故に対する補償も、車両無過失事故に関する特約としてサポートされています。

この特約はつけられない保険会社も多く、ポイントのひとつとなっています。

質実剛健で今後ますます注目の自動車保険!

セゾンの自動車保険はその保険料の安さと納得のいく契約内容を提供することでドライバーの期待に応えてきました。

全体の契約数は他社に比べるとまだ少ない分、将来性のある保険といえます。

損保ジャパングループ傘下で信頼性も高く、今後ますます伸びていくことが予想されます。

他社の自動車保険では内容的に納得がいかなかったという方は、セゾンで検討してみることをお薦めします。


よくある質問はこちら

saison.dga.jp/Q&A

お問い合わせはこちら
0120-55-0107

人気記事一覧

  1. 「仕事があって、銀行に行く暇がない」という声をよく聞きます。奥さんがいる方は代わ…
  2. みなさんは普段から地方銀行を利用されてますか?正直メガバンクに比べたら地方銀行ってどうなの?と思…
  3. 格安航空会社、通称LCCが始まってから、飛行機を利用する方が増加しましたね。また…
  4. 大手証券会社に比べると知名度に劣る丸三証券ですが初心者でも全くコストを掛けずに株…
  5. マネックス証券は、ネット証券として有名な会社です。実績もありますので、株取引を行…
  6. 日本の交通機関の中でも特に利用者が多い、JR東日本。今や、日本になくてはならない交通手段の1つで…
  7. 日本生命というと、「老舗」「大きな会社」「歴史ある」というイメージがあると思います。…
PAGE TOP