あなたに合った保険を設計できる、日新火災の保険サービスとは?

 

日新火災は正式には日新火災海上保険株式会社という名前で、東京海上グループの保険会社ですね。

火災保険を中心に自動車保険や傷害保険も取り扱っています。

どんな特徴やメリットがあるのでしょうか。

自由に設計できる火災保険が魅力

日新火災では住自在という火災保険を提供しています。

補償内容を自分で自由自在に選べることから住自在というちょっと変わった名前になっているんですね。

補償内容を好きに設計できるので、必要な補償だけをしっかり確保したり、保険料とのバランスを取ることも簡単で、安心と節約の両立を実現しているのが最大の特徴です。

オプションを付けて補償をさらに厚くしてもいいですし、基本的な補償に絞って保険料を安く抑えることもできちゃうんです。

具体的な保険料は補償内容などで変わるので、事前に見積りをチェックしましょう。

火災保険の場合、修理代から減価額を差し引いた金額が支払われることもあるんですが、住自在では実際の損害額を支払ってもらえます。

これも大きな特徴ですね。

実際に損害を受けた分の金額を受け取ることができるので、より安心な保険になっているわけです。

日新火災を選ぶメリットとデメリット

日新火災は代理店型の保険会社なので、事故時はもちろん、手続きや問い合わせの時もスタッフがしっかり対応してくれます。

直接担当者と会って話すことも可能で、その意味では安心感のある保険会社と言えそうですね。

最近は通販型の保険会社も増えていますが、やはり代理店型はスタッフ対応が魅力的です。

顧客対応に関する評判も良いので、特に保険に加入するのが初めてという若い世代の人にはぴったりかもしれません。

逆にデメリットですが、代理店型なので通販型と比べるとどうしても保険料が高めになってしまうことでしょうね。

これは仕方ないことですが、保険料を重視する人には大きなネックになってしまうでしょう。

日新火災で保険料をなるべく抑えるなら、見積りをチェックしつつ無駄な補償はなくすといった工夫が必要になりますね。

他社より優れている点は?

日新火災はとにかく対応の良さに定評のある保険会社です。

代理店型の良さを最大限に活かした営業をしていると言ってもいいでしょうか。

事故の時など、保険会社の対応がしっかりしていないと私達はとても不安になってしまいますよね。

日新火災なら安心して任せられる対応をしてくれるので、いざという時も安心です。

保険料の安さも大事なのは確かなんですが、やっぱり事故対応が優れているのは魅力的です。

通販型の方は保険料が安いからと代理店型を避ける人が増えてきていますが、代理店型にも良さはあります。

その良さを体感できる保険会社の1つが日新火災ですね。

まとめ

補償内容を自由に設計できる保険など、ユーザー目線で作られた商品が多く、とても親切な保険会社と言ってもいいでしょう。

代理店型なので対応の質も高く、誰でも安心して使える保険が揃っているのが大きな特徴ですね。

よくある質問はこちら
nisshinfire.co.jp/Q&A

お問い合わせはこちら
0120-616-898

人気記事一覧

  1. 最近、ふるさと納税という言葉をよく聞くようになりました。分かりやすくいうと、自分が寄付したい自治…
  2. マルイのお買い物には欠かせないエポスカード。いろんな特典や審査が優しいなど、メリ…
  3. 様々な企業の製品品質や顧客満足度などの調査を行っているJ.D.パワーという会社が…
  4. 旅行サイトの「楽天トラベル」や通販サイトの「楽天市場」などを運営する楽天株式会社。…
  5. 読者のみなさんは、メインバンクとしてどの銀行を利用してますか?メガバンクや地方銀…
  6. セゾンの自動車保険は通称おとなの自動車保険といわれる通り、40代、50代を主なタ…
  7. 十八銀行は長崎県の地方銀行です。地元の方にとても利用されている銀行です。普通銀行…
PAGE TOP